【漫画で解説】一番賢い仮想通貨の買い方【手数料をお得に】

仮想通貨は、バイト代程度の資金が、億になるなど、夢のようなチャンスに溢れている。しかし、仮想通貨を手に入れる。この最初の1ステップ目からすでに、バカは搾取される構造になっている。

この記事は、これから仮想通貨を始めようと思ってる方々へ向けた記事になります。どこで買おうか迷って、この記事にたどり着いたあなたは、ラッキーです。

何故なら、無駄に損する可能性が減るからです


とりあえず結論だけ先にお伝えしておくと、bitbankが最強。一番手数料が安く済み、取り扱い銘柄も使えるものが多いです。

円をbitbankで仮想通貨にトレード。そして海外取引所binanceMETAMASKなどに送金し、NFTやDefi、GameFiを楽しむことが出来ます。詳しい解説は続きをみてください~


仮想通貨を手に入れる方法は2つある

手数料をまとめた表をつくってみた。まずは見て欲しい。

取扱業者
DMM Bitcoin

Coincheck

bitFlyer
bitbankGMOコイン
販売手数料無料 無料 無料 無料 無料
取引手数料-取引所がない-Maker:0%
Taker:0%
Maker:0.01~0.15%
Taker:0.01~0.15%
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料無料無料無料無料無料
出金手数料無料407220~770550円/770円無料

これだけを見るといかにも、販売所で購入するのが一番お得なように感じる。なぜなら手数料が無料だから。しかしこれは罠である。

スプレッドという販売所の罠

販売所の一番恐ろしい部分は、スプレッドがある事だ。スプレッドとは、販売所と取引所の金額の差の事だ。実質手数料と変わらない。名前が違うだけだ。

例えばビットコインが取引所で600万円で流通、そして販売所だと606万円で販売している。この状況だとスプレッドは1%という事になる。

では実際に各業者の販売スプレッドを見てみよう。

取扱業者
DMM Bitcoin

Coincheck

bitFlyer
bitbankGMOコイン
スプレッド約0.5% 約3% 約3~4% 約2%約3~4%

どうだろうか。取引所の0.01~0.15%なんて可愛く感じるだろう。試しに3%のスプレッドでビットコインを買うとしたらこんな感じになる。

販売所だと、1BTC/6298300円
取引所だと、1BTC/6118934円
(2021/10/10/10:52でのBTC価格)

その差なんと、約18万円だ。

販売所で買うのが、いかに愚かな行為かご理解いただけただろうか?絶対取引所を利用するようにしよう。

正しい取引所の選び方

扱っている銘柄が少ないと、欲しい仮想通貨を買えません。しかも、ややこしいのは販売所で17種類取り扱いがあると書いていても、取引所では5銘柄という有様。

取引所でも、品ぞろえが豊富なところがあります。それは、bitbankです。

bitbank 取引所の取り扱い銘柄
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
シンボル(XYM)
リンク(LINK)
メイカー(MKR)
ポリゴン(MATIC)
ドージ(DOGE)

オススメの仮想通貨銘柄

BTCは、仮想通貨内で最も時価総額が高く、資産として価値が高い。金のように保有しているだけで資産運用として期待できる。

ETHは、仮想通貨内で2番目に時価総額が高く、こちらも資産性が高い。そして、実用性も非常に高く、NFTとよばれる仮想通貨が稼げるゲームへの参加やメルカリのように不要になったら販売できるアートの決済、仮想通貨を預けるだけでかなり高い年利が得られるDefiの参加などに使用できる。

XRPは送金する際に、非常に便利。僕は円をXRPに変え、海外取引所binanceや、各仮想通貨サービス(Dapps)のログインに必要な仮想通貨ウォレットMETAMASKに送金して、そのあとに必要な仮想通貨に換えたりします。


ついでに言うと、世界で一番大きな仮想通貨取引所、Binanceが発行するBNBコインも非常にオススメ。Binanceに支払う手数料をBNBコインで決済することで、手数料が半額になるという非常に使えるコインです。実用的かつ人気なので持っていて損が無いです。

bitbankでJPY入金→XRP購入→BinanceにXRP送金→BinanceでXRPをBNBにコンバート。で手に入れることが出来ます。


最後は、なぜ$USDTや$BUSDがオススメなのか解説して終了しようと思います。

$USDTや$BUSDはステーブルコインと呼ばれます。ステーブルコインは、価格の安定性を実現するように設計された暗号資産(仮想通貨)のことです。米ドルなどの法定通貨を担保にコインを発行し、その法定通貨との交換比率を固定してあるので安定しています。その為、価格が暴落する事が無い。逆に言えば爆上がりすることもない。

そこで円をドルのステーブルコインにしておくだけで、円の暴落から逃げる事が可能です。今回は、$USDTという1ドル(USD)がおおよそ1USDTになるように固定されている、ステーブルコインを使って更に稼ぐ方法を紹介します。

(この$USDTは、発行元であるTether Limited社が所持している米ドルと$USDTを同量にすることで、価値が保たれる仕組みとなっています。)

  1. 円(JPY)をbitbankに入金
  2. bitbank取引所にて、JPYを$XRPにトレード(販売所はNG)
  3. トレードした$XRPを、Binance送金
  4. Binanceで、$XRPを$USDTにコンバート(トレード)
  5. Binance→収益(Earn)→セービング→フレキシブルセービング→USDT→定期登録
  6. 手続き完了後、自動収益をチェック(複利運用にしてくれる)

これだけの作業で、ドルと同じ価値のコインを年利10%で運用することが出来ます。もっと違う仮想通貨であれば年利100%越えも普通にあります。(ただリスクが高い。)

仮想通貨を楽しむキッカケになること願います。